頸椎ヘルニアの二つの治療法

頚椎ヘルニアの治療には、手術療法と保存療法の
2つの治療があります。

手術療法は、手術で頚椎ヘルニアにより脊髄が圧迫されている
状態を開放することによって、頚椎ヘルニアを治す治療方法です。

また、手術は時期が発症から遅くなれば遅くなる程、回復も遅く
なりますので、検討する際はこの事も考慮することが必要でしょう。

保存療法は、頚椎ヘルニアの症状に対して行う治療法で、
頚椎ヘルニアの根本的な脊髄の圧迫を治すものではありません。

頚椎ヘルニアによって引き起こされている痺れや痛み等を、
薬の投与やブロック注射による薬物療法・ストレッチや牽引などの
理学療法で和らげる治療法です。

頚椎ヘルニアの治療で、症状が重ければ手術療法をすすめられる
こともありますが、まずは保存療法から入ることが多く、
ある程度の期間保存療法を行い、効果がなければ手術、という流れが
一般的です。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0