頸椎ヘルニアの原因とは

頚椎ヘルニアの原因は、頚椎の髄核が飛び出て脊髄を圧迫
する事だと言われています。


髄核が突出してしまう原因には、加齢によるものと外的要因による
ものがあります。

加齢の場合は、椎間板の老化が原因です。

椎間板は比較的早いうちから老化がはじまってしまう部位です。
老化により、椎間板が運動などによる衝撃に弱くなってしまうため、
髄核が突出しやすくなり、頚椎ヘルニアになってしまいます。

外的要因には、打撲や外傷によるものが挙げられます。
頚椎ヘルニア以外の腰椎や胸椎には、あまり見らない原因です。

その理由は、頭を細い首にある頚椎で支えている構造上、
胸椎や腰椎に比べて衝撃が加わるとヘルニアになりやすい為です。

頚椎ヘルニアが原因で起こる症状には、腕や上半身の痺れや
痛み等があります。これらに心当たりがある方は頚椎ヘルニアを疑って、
一度整形外科を受診してみる事をおすすめします。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0