頸椎ヘルニアの手術とは


頚椎ヘルニアは重度なものになってくると、手術が必要となって
きます。

手術方法はいくつかありますが、中でも「レーザー手術」が近年
ヘルニアの治療法として大きな注目を浴びています。

その具体的な方法は、水分の多いゼリー状の物質である髄核を
レーザーで照射し蒸発させます。すると照射した部分に空洞ができ、
そこに飛び出してヘルニアの原因となっていた髄核が入り込みます。
よって、神経への圧迫がなくなりヘルニアによる痛みが改善されるのです。

 

しかし、どんな施術にもメリット・デメリットがあるように、この「レーザー手術」も
良いこと尽くしというわけではありません。

ヘルニア「レーザー手術」を行うにあたってまず問題となるのが、
保険が適応されないという点です。

 

しかし、通常の手術に比べて治療期間が短いため、会社の欠勤などを
考慮すると、「レーザー手術」のほうが安くつく場合もあります。

もう1つ注意するべき点は、極度の重症ヘルニアに対しては効果が薄い
ケースもあるということです。

しかし、「レーザー手術」には副作用がほとんどないなど、多くの長所も
ありますので、ヘルニアの手術を考える際には、よく担当のお医者様と
相談して決めると良いでしょう。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0