頸椎症の症状

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
⇒徳永英光の「頸椎症・頸椎ヘルニア改善法

頸椎症は、骨の老化現象とも言える症状の一つとなっています。
脊椎や神経根の通っている場所が狭くなってしまうために、
激痛が走ってしまうのです。

頸椎症といっても、症状は人によって異なってきます。
軽度の頸椎症お場合は誰にでもある肩こり、また手足が
しびれてきたり、骨がこすれるような音がする時があると言います。

しかしながら重度の頸椎症になってしまうと、排尿時や
歩行時に障害が生じてきたりお箸を上手に持つ事が
できなかったり、階段の上り下りに恐怖を感じると言います。
その他にも、耳鳴りなども頸椎症の症状で良く見受けられるようです。

40歳を過ぎると頸椎症の危険も徐々に高まってきます。
慢性的な頭痛や肩こりは代表的ですが、これが頸椎症の
始まりである可能性も否定できません。

また、骨が変形してくることもありますので十分な観察が
必要となってくるでしょう。
最近になって、肩こりや耳鳴り、しびれといった症状が
頻繁に現れる方は、自分で簡単に頸椎症かどうかチェックできる
診断法もありますので試してみると良いかもしれません。

ですが、体に何か異変を感じている時はまず、かかりつけ医に
相談をしましょう。
そして症状に合わせた病院へ通う事をお勧めします。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0