頸椎症の治療方法

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
⇒徳永英光の「頸椎症・頸椎ヘルニア改善法

頸椎症の症状や度合いによっても治療方法は異なってきますが、
治療方法の一つには保存的治療が挙げられます。

保存的治療とは、手術をせずに頸椎症を緩和させていく方法です。
たとえば、何かしら運動をされている方は一時的でも運動を中止し
頸椎を安静にします。

経過を見ながら、理学療法が取り入れられる事が多い傾向に
あるようですが、痛みが走る場合は消炎鎮痛剤を用いながら
治療を行っていくこともあります。

頸椎症の症状が比較的軽度であれば、保存的治療でも
十分に改善していくことができるとされています。
ですが、数ヶ月間保存的治療を行っていながらも経過が
良好でない場合は、手術をする可能性もあるでしょう。

手術をする目的の一つには神経を圧迫してしまっている
であろう頸椎を固定していきます。

手術の方法は症状によっても異なってきますので、
主治医とよく話し合いながら決めていくことになるでしょう。
手術をする前には精密検査などをしっかりと行って手術方法を
決めていきますから、何も心配をすることはありません。

頸椎症は治療一つで改善していくことも少なくありませんから、
痛みを我慢するのではなくしっかりと治療をしていき
普通の生活ができるようにしていくことが大切です。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0