頸椎症の原因とは

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
⇒徳永英光の「頸椎症・頸椎ヘルニア改善法

頸椎症は、頸椎の変化が原因となって起こります。
頸椎が変化してしまう要因の一つに加齢がありますが、
加齢と共に骨も老化してしまうことから頸椎症を発症させて
しまう中高年の方が多くなってきてしまうのです。

ただし、若い世代の方でも外傷を負うことで頸椎症を
発症させてしまうこともあります。
一般的に頸椎症になりやすい年齢は40歳以降とされて
いますので目安としておくと良いかもしれません。

もちろん、対象年齢になったからといってすべての方が
頸椎症を発症させるわけではありませんが、
原因の一つが加齢となっていますから、いつ誰に起こっても
おかしくはないということでもあります。

また、頸椎症の症状は急激に起こってくるものではありません。
多くの方の悩みの一つとなっている肩こりが頸椎症の
症状の一つとなっていますし、肩から上肢にかけて痛みが
出てくると頸椎症を疑った方が良いと言えるでしょう。

特に日本人は頸椎症になりやすい体型だとされています。
ですので、40歳を過ぎて体に異変が出てきたりどこかに
痛みを感じる時は、頸椎症を発症させていることも
考えられますので医師の診断を仰ぐようにしましょう。

放っておくとより悪化し最悪の場合は、手術をしなくてはならなくなります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0