頸椎症と苦しいしびれ

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
⇒徳永英光の「頸椎症・頸椎ヘルニア改善法

頸椎症の症状の一つに挙げられるしびれ。
もちろん、様々な場面でしびれを感じることがありますよね。
たとえば正座をしている時など同じ体勢や姿勢を続けた時は
誰でもしびれを感じる事があると思います。

ですが、頸椎症のしびれはこのようなしびれとは若干異なります。
頸椎症の苦しいしびれは、親指や人差し指といった部分に
現れる事が多い傾向にあるようです。

ただし、親指や人差し指だけではなく、足先からしびれてきた
かと思ったら足がこわばり歩行が難しくなったり、階段を下る際に
上手く降りられなくなってしまう症状が現れた場合は頸椎症を
疑うようにしましょう。

また、普段の食事でお箸を上手に持ったり食べ物を掴んだり
することができなくなってきた場合も頸椎症の恐れがあります。

頸椎症は40歳を境に起こる事が多いとされているため、
中高年と呼ばれる世代の方は手や足、指などが急にしびれたり、
筋肉などがこわばるような感覚になる時があるという場合は
頸椎症である可能性がありますので、速やかに医師に相談を
していきましょう。

中高年の手足のしびれで最も多いのが頸椎症だとも言われています。
それほど珍しい症状ではないのですが、意外に知られていないのが現状です。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0