頸椎症とめまいの関係

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
⇒徳永英光の「頸椎症・頸椎ヘルニア改善法

頸椎症の主な症状の一つに挙げられるのは肩コリですが、
肩コリ以外にも様々な症状が見られる事があります。

この他にもめまいが頸椎症の症状の一つであったということも
多いですので、たかがめまいだと侮らない事です。

たとえば、頭を動かすとフラフラするようなめまいがあるという方は、
頸椎の変化が起こっている可能性も否定できません。

この時、レントゲンなどを撮ってみるとめまいの原因が頸椎の変化で
あるかどうかを判断することができます。
ですが、頸椎症からくるめまいであっても、立ちくらみだと勘違い
されている方も実際には多く、症状が現れていても病院に行かないため、
徐々に激痛が走るようになってから病院にくために頸椎症が重度と
なってしまうこともあるのです。

めまいは体の調子がおかしいから現れるのであって、めまいが
することは当然ではありません。
頸椎症は軽度であればあるほど、治療も早く済みますし保存的治療で
改善に向かうことも多いのですが、初期症状で病院に行かれる方が
圧倒的に少ないため、手術をされている方が実際には多くなって
しまうのです。

頸椎症とめまいの関係は切っても切れない仲であるということが
これでお分かり頂けたかと思います。
当てはまる方は早いうちに病院に行きましょう。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0