頸椎ヘルニアの症状

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
⇒「頸椎症・頸椎ヘルニア・ストレートネック」改善DVD

頸椎ヘルニアの症状として挙げられるのは、どこの部分が
ヘルニアになるかによって症状が変わる事があると言われています。

一般的には上半身へのヘルニアが多いとされていますが、
神経が圧迫されてしまうため、下半身に何かしらの症状が
現れることもあります。

また、頸椎ヘルニアで良く見られる症状として、体のしびれがあります。
先ほども述べたように神経が圧迫されてしまうことから、
神経の伝達機能に異常をきたし、部分的もしくは全身に
しびれが起こります。

ただのしびれだと放っておくと最悪の場合は体温の低下やしびれによって
体のコントロールが難しくなってしまうこともあるようです。

その他にも、頸椎部分や肩、腕などに激痛が走ることも多い傾向にあります。
始めは軽い痛みであっても放っておく事で痛みが酷くなり、
日常生活を送る事が難しくなってしまうことも珍しくはありません。
また、お箸を持つ、コップを持つと言った行為が上手に行えなくなって
しまうこともあります。

物を触っている感覚がないこともあるようですので、これらの症状が
少しでも見受けられる場合は早いうちに病院へと行かれる事をお勧めします。
反射神経が鈍くなることで、危険となることが多くなってしまうからです。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0