頸椎ヘルニアの手術

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
⇒「頸椎症・頸椎ヘルニア・ストレートネック」改善DVD

頸椎ヘルニアは症状によっては保存療法が用いられますが、
保存療法でも改善がみられない場合や重度の症状であると
判断された場合、手術という方法によって改善していきます。

つまり、頸椎ヘルニアによる手術は最終手段ということですね。
どんな方も、まず最初に行うのは保存療法ですから、始めから
手術が行われるということはほとんどありません。

ですが、頸椎ヘルニアの手術が行われる場合は、切開手術や
レーザー手術が用いられる事が多いようです。
また、切開手術は先方徐圧術と後方徐圧術という2つの方法が
ありますので、それぞれの症状に合わせて、どんな手術の方法が
良いのかが決められていきます。

簡単に説明をすると、首の前方を切開して手術を行うのが前方徐圧術、
逆に首の後ろを切開して行うのが後方徐圧術です。
レーザー手術に関しては、導入している医師としていない医師が
いますから、すべての病院でレーザー手術が行えるというわけでは
ありません。

レーザー治療のメリット、デメリット、切開手術のメリット、デメリットを
しっかりと把握し納得をした上で手術が行われていきますから、
医師としっかりと相談をしながら決めていくと良いでしょう。
症状によって手術方法が変わってくるということも忘れてはいけません。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0