頸椎ヘルニアの治療法とは

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
⇒「頸椎症・頸椎ヘルニア・ストレートネック」改善DVD

頸椎ヘルニアの治療法は、原則として保存療法が用いられています。
頸椎ヘルニアと診断されても即手術というわけではなく、保存療法を
行いながら、それでも改善する余地が見られない場合に手術が
行われますので、保存療法で改善していくに越したことはありません。

頸椎ヘルニアの場合、頸椎カラーと呼ばれる装具を装着したり
箇所によってはこるセットなども使用することもあります。
ただし、頸椎ヘルニアで最も大切なことは安静にするということです。
これは医師に診てもらっても同じ事を言われるはずです。

ヘルニアも病気の一つですから、安静にすることで痛みが緩和したり
症状が改善していくこともあります。
痛みのある部分などを楽にしてあげることが治療のだい一歩と
なりますから、まずは安静にして体を休める事が大切です。

頸椎ヘルニアの痛みは、耐えがたいものです。
一刻も早く改善したいと思われるでしょうが、そこは焦ってはいけません。
頸椎ヘルニアの治療法は人によって、また症状の度合いなどによっても
変わってきます。

焦らずゆっくりと治療を行っていくことが、今後の治療を左右すると
言っても過言ではありません。
いろいろな治療法がありますので、医師と相談しながら決めていくといいですね。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0