頚椎症性脊髄症について

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
頸椎症・頸椎ヘルニア改善プログラム

頸椎症性脊髄症は、お箸を持つ手が震えたり字を書くことに
違和感を覚える、またボタンを外したりかけたりといった
動作ができにくくなると言った症状が見受けられます。

また、自分では普通に歩いているつもりでも、足がもつれて
しまっているような感覚に陥ることもあるようです。
階段を上り下りするのに手すりがないと怖くてできないと
言った場合は、頸椎症性脊髄症の可能性が高くなっていると
言ってもいいかもしれません。

頸椎症性脊髄症は、骨が老化うしてしまうことから起こると
されています。
頸椎症が変化してしまうことで脊髄が圧迫されてしまい
激痛が走ったりします。

診断方法としては患部のレントゲンを撮ることでほとんどを
確認することができるようですから、上記のような症状を
感じている方は、早いうちに医師に診断をしてもらいましょう。

また、日常生活に支障がない限りはこれといった治療を
持ちいらない事もあるようです。
運動障害など日常の生活をする上で支障をきたす場合は
手術などを用い、治療をしていくことになるでしょう。

特に日本人は欧米人に比べると脊髄が圧迫されやすいと
されています。

また、日本人の中高年に多く見られる症状の一つとなっていますが、
すべての方に症状が現れているわけではありません。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0