頚椎症性神経根症とは

医者から手術をすすめられているような人でも21日で改善!
頸椎症・頸椎ヘルニア改善プログラム

頸椎症性神経根症とは一体どういうものなのでしょうか。
頸椎症性神経根症とは、首から肩、もしくは腕から手にかけて
しびれや痛みを伴う症状です。

場合によっては時間の経過と戸もいん筋肉が委縮してしまいます。
人によっては片側だけの方もいれば両側が頸椎症性神経根症を
発症されてしまう事があると言います。

頸椎症性神経根症は、椎間板の老化によって起こるとされています。
頸椎神経根が圧迫されてしまうことで症状が現れてきてしまうのです。
ただし、この症状にも経度と重度など人によってそれぞれ症状の
度合いが異なってきます。

症状が比較的軽いと判断される時は、頸椎などに専用の器具を装着し
首の動きを制限してしまいます。
つまり、頸椎を安静にすることが症状の緩和につながるという事ですね。
もちろん痛みが走る場合は消炎鎮痛剤などが用いられます。

患部を安静にしても症状が緩和する様子が見られない場合は、
手術などによって症状を改善していくこともあります。
手術もいろいろな方法があり、それぞれの症状によって方法も
異なってきますので、まずは医師に相談することが大切です。

一に安静、それでも痛みが取れない、また症状が悪くなる場合は
速やかに医師に診てもらいましょう。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0